息子5歳とプログラミング教材、そして教室への応用

こどもとプログラミング Advent Calendar 2018 22日目です

adventar.org

一日おくれました...

はじめに

息子が3歳の頃から、プログラミング教材で遊ばせています。

もちろん自分がプログラミングを好きで、彼と休日にキャッキャウフフしたいなというのが主な動機ですが、彼が大きくなる頃には(これまで以上に)AI技術やプログラミングの利用が当たり前になるでしょうから、別に情報系に進まなくてもプログラミングの基礎的なスキルは身につけておいてほしいなという思いと、私自身が子供むけのプログラミング教室を主催しているので、そのテスターになってもらおうという打算的な思いもあります。

この記事では、同じような思いや境遇の親御さんにむけて、自分が息子や教室で試してきた教材と、その所感を共有できればと思います。

Ozobot

息子が3歳の頃、はじめて使ってみたのがOzobotです。

www.ozobot.jp

私が購入したときには Ozobot 2.0 Bit が最新のものでした。いわゆる小型のライントレースカーなのですが、読み取っている線の色にあわせてロボットが動いたり、3色違う色の点を並べるとOzobotがそれを命令として読み込んで、ダンスやUターンの様々な動作をします。

f:id:gishi_yama:20181223105556j:plain
Ozobotではじめて遊ぶ息子(3歳時)

画用紙に自由に線を書かせても良いし、アプリを使ってタブレット上に線や命令を配置できるドローツールがあります。自分の描いた線の通りにロボットが動いてくれるのは、子供も喜びます。

f:id:gishi_yama:20181223105717j:plain
アプリの場合。画面の明るさが結構重要。

使い方が難しい点として、紙でやる場合は紙質とペン(カラーシールでも可)の選択が非常に重要に感じます。にじんだり、スキマがあったり、発色が悪いとうまく線や命令を認識してくれません。ライントレースの精度が良いので子どもたちの期待も大きいためか、何度も思い通りに動かないと機嫌が悪くなりがちです...

f:id:gishi_yama:20181223105846j:plain
Coder Dojoにて。色の違うところが命令ですが、うまく読み取るように作るのが難しい...

アプリも英語で、特に線の上に命令を配置するインターフェースが複雑なため、未就学児がどんどん使い方を学んで自由に動かすというのにはちょっとハードルがあります。(ただ絵を描いてなぞらせる遊び方になりがち)

文字やUIの使い方が十分に理解できるようになる小学生以降には、より強力なツールになるのではと思っています。

Spero

次にやってみたのはSperoです。

www.sphero.com

プログラミングやドローツールで描いたとおりに、球状のロボットが動いてくれるというものです。

動作精度は非常に高いです。「体育館でライトを太陽、ボールを地球と見立てて、地球の周りを回るSpheroの影で月の満ち欠けを理解する」といった凄い事例もあり、とてもポテンシャルを秘めている教材だと思います.....が、とにかく狭い自宅だとSpheroを動かすスペースがなく、購入当初からほぼタンスの肥やしになってしまっています...(mini買えば良かったのかな)

たまに実家に戻ったときに起動してみるのですが、息子にとってはただのラジコンになってしまったり、自宅で体験的に学ぶにはひと工夫が必要そうです。

今後、広い場所が確保できる教室で使えるような内容も考えたいです。

chibi:bit(micro:bit

3台目は chibi:bit(micro:bit)です。

はじめよう | micro:bit

micro:bitはとても有名になったので敢えて語ることもないと思いますが、ブロックに使われている言葉の難しさや自由度の広さから、未就学児が使って遊ぶには少し手に余るかな...というのが現状です。

息子もたまに「micro:bitちゃんを光らせてー」とせがんでくることはあるのですが、自分でmicro:bitで何かを作ろうという発想はまだ難しいようです。

ちとせプログラミング教室でもmicro:bitを使った体験会は何度かやっているのですが、集中して自分で作りたいものを実現していくのは、やはり小学3年生ぐらいからのイメージです。

f:id:gishi_yama:20181223112438p:plain
ちとせプログラミング教室での利用。
右側の子は4年生(Scratch経験者)で、教えていないこともどんどん進めていく。

今後は小学校などでの教材や利用事例も沢山増えていくでしょうから、注目のツールですね。

ちょっと宣伝

micro:bit を使ったプログラミング体験の内容で、ちとせプログラミング教室のテキスト(pdf)を公開しています。

GitHub - gishi-yama/techitose: ちとせプログラミング教室

小学校の先生から意外と好評をいただいていますので、もしお手元でお役に立てられそうでしたら、ぜひ使ってみてください。
(※エディタ画像が前バージョンものなのですが、年明けまでに画像を新バージョンに差し替える予定です)

Hour of Code

ここまで息子に遊ばせて見た中で、未就学児でも少しブロックプログラミングに挑戦させた方が良いかな?と思い、4歳になった段階でHour of Codeをやってもらいました。

f:id:gishi_yama:20181223114632j:plain
Hour of CodeのMinecraftに挑戦する息子(4歳時)

これが、未就学児でも意外とうまくいくな...というのが感想です。

自分でひらがなを読んだり、足し算をすることもまだたどたどしいので、表示されるブロックをすべて理解しているわけではないようですが、

  • ステージによって使えるブロックしか出てこない
  • ブロックの配置場所や色がだいたい同じ

という、敢えて設けられている制限がよいガイドとなって進められるのか、大人がちょっとやってみせると自分でもチャレンジし始めました。

とくに Minecraft の教材 が気に入ったようで、5歳になった今は「何がゴールなのか」ということを本人に伝えて、読めない漢字だけを変わりに読んであげれば、Hour of Code の「Minecraft: アドベンチャー」、「Minecraft: 主人公の旅」は大体クリアできるようになりました。「Minecraftデザイナー」や、「Minecraft Voyage Aquatic」にも挑戦していますが「条件分岐」「関数」的な考えが出てくると、Scratch的な形式のブロックではまだ使いこなせないようです。

あとは、右と左がどちらか、という概念をこのHour of Codeの体験の中で理解し始めました。なかなか覚えてはくれないですが...

codeSpark Academy with the Foos

今、息子が一番ハマっていて、私も一押しな教材が、 codeSpark Academy with the Foos です。

codespark.com

Hour of Codeで体験版が公開されているのですが、息子の食いつきがとてもよかったので、アプリ版を購入して使っています。

f:id:gishi_yama:20181223115151j:plain
忍者を動かしてゴールまでつれていく。繰り返しも普通に使う4歳。

このツールも原則はブロックプログラミングで進めていくのですが、基本的には文字が出てこない(英語の単語でブロックの説明が鳴ったりはする)ので、字が読めなくても数字がわかれば自由にプログラムを組んだり、ゴールに向けてトライ&エラーすることができます。

内容も多岐にわたり、

  • 順次処理
  • 繰り返し
  • イベント
  • 条件分岐
  • 自動化
  • 変数・不等式
  • スタックとキュー
  • ブール論理
  • ゲーム作成と公開

が体験できるようになっています。凄い。

進め方としては、基本的なプログラミングの概念や操作方法を、ゴールが定められたパズル的なブロックプログラミングで学び、最終的に自分で自由にゲームを作れる形です。

作成したゲームは公開できるし、公開されているものをフォークもできるという完成度の高さです。キャラクターもかわいい。

息子は4歳時から1年かけてパズルは4週ぐらい達成してしまい(セーブスロットが3つで、全て達成以外のスロットを消して再チャレンジしてる)、最近はもっぱらゲームを作ったり、誰かが作ったゲームでクリアできないものを自分がクリアできる難易度に改変したり😅しています。

f:id:gishi_yama:20181223120126j:plain
甥っ子6歳とペアプロをする息子4歳。
4歳が6歳に「こうしたら良いよ!」と提案したり、6歳が4歳のプログラムを最適化したり。

プログラミング教室でも使ってみたところ、子供達から大変好評です。

未就学児に近い小学1年生も、保護者と一緒に楽しめる教材になっています。小学3年生ぐらいだとむしろ簡単に感じるようで、数時間でパズル部分を終えてしまいます。

ただし、ゲーム色は強いので、教室で使うときに単に「ゲーム大会」になってしまわないように注意しないとな...と頭を悩ませています。

f:id:gishi_yama:20181223121141j:plain
ちとせプログラミング教室の一コマ。
わかりやすい教材なので、保護者の方と盛り上がれるのがとてもよい

おわりに

息子が3歳から5歳までの2年間でチャレンジしてきた教材の遍歴と、教室での利用例を簡単に紹介しました。

どれか一つのツールや教材で、プログラミングの考え方や応用方法を身につけることは難しく、多様なツール・教材を組み込んで使っていくのが、家庭・教室・教育現場で重要かなと思っています。

うちではこういう使い方をしている!といったような事例がありましたら、ぜひ教えてもらいたい&公開してもらいたいなと思います。

違う地域のコミュニティや勉強会に足を伸ばそう!FuraIT編

FuraIT Advent Calendar 2018 22日目の記事です。

adventar.org

はじめに

北海道と本州の大きさの違いがたびたび話題になったりする昨今ですが、広域分散型の土地柄だからこそ、各地域のコミュニティや勉強会がゆくる連係・連携できることは、将来のIT業界を支える教育・人材育成・人材交流の面でとても大事だと思っています。

なんかもっとコミュニティに関わる・参加する方々が
お互いに「明日お邪魔しにいきますわ」的な感じになるといいな

と思いますよね。

特に札幌であれば、公共交通機関のパイプが太い小樽、石狩、千歳、苫小牧、富良野旭川などが交流しやすい地域かなと思っています。

けれども、

  • 地元とは違う地域の勉強会やコミュニティになかなか足が向かない...
  • 他の地域の勉強会にどうやって参加したら良いかわからない...
  • ○○って北海道のどのへんにあるの(失礼)

という方も少なからずいらっしゃるかもしれません。

そんなあなたにむけた一事例として、普段は札幌・千歳のコミュニティで活動する筆者が、富良野の FuraIT さんに参加したときの実例をもとに、
あなたはどうすればFuraITに参加できるか
をまとめておこうと思います。

実例に使うのは、この2月に開催された FuraIT #44 - 「セキュリティ分野入門」「プログラミング教室を作る心構え」です。

furait.connpass.com

同様のスケジュールの勉強会がFuraITさんで開催された想定で、書いていきます。

FuraITに申し込む

まずは勉強会に申し込みましょう。

FuraIT - connpass から、参加したいイベントに申し込みます。地球の裏側からでも申し込めます。

ついでになんか発表を申し出てみると最高に楽しめると思います。

FuraITに行く

事前の準備

  1. とりあえず地元のおやつを買っていくとよいです。(20〜30人に行き渡るぐらい)
  2. 発表するひとは発表資料を作っていくとよいです。

道外から

  1. 最寄りの空港から 新千歳空港 に来てください。
    だいたい前泊になるでしょうから、タイミングが合えば ちとせプログラミング教室 とかに寄っていくといいと思います。
  2. その後は札幌に向かってください。
    だいたい前泊になるでしょうから タイミングが合えば Java Do とか IoTLT札幌 とかに寄っていくといいと思います。
  3. あとは道央圏からの項と同様です。

道央圏から

道央圏からであれば、札幌からバス×バスがかなりいい感じです。

  1. 札幌駅バスターミナル、もしくは札幌ターミナル(地下鉄バスセンター駅)から富良野行きの高速バス 高速ふらの号 が出ています。
    FuraITはだいたい13:30頃から開催の様な気がする(筆者調べ、もくもく会を除く)ので、札幌8:15発がベターです。(9:30発でも途中遅れがなければ間に合いはしますが、お昼が厳しい)
  2. 3時間ぐらいバスに乗りますので、乗車前のお手洗いはマストです。車内ではスマホなりPCなり読書なりでリラックスして過ごします。山の中や集落を通ったりするので景色もオススメです。
    f:id:gishi_yama:20181221105917j:plain
    車窓から。めっちゃ吹雪いてる。
  3. 8:15発であれば、11時すぎ頃に富良野駅に着きます。
    とりあえず 富良野 オムカレー 富良野 ランチ 富良野 名店 などでググって気に入った店に食べに行きます。
    f:id:gishi_yama:20180217111535j:plain
    富良野駅。めっちゃ吹雪いてる。
  4. FuraITはだいたい中富良野で開催の様な気がする(筆者調べ、もくもく会を除く)ので、富良野からさらに移動ですが、JRよりもラベンダー号12:50富良野駅発が、ゆっくりオムカレー食べられて(その上喫茶店でコーヒー飲みながら発表スライド調整できたりして)ベターです。
    f:id:gishi_yama:20181221110813j:plain
    オムカレー。レンズがめっちゃ曇ってる。
  5. 富良野に着きます。JR駅の前の通りにつきますので、道をググりながらふれあいセンター なかまーるまで5〜10分程度歩いて行きます。
    不要かもしれませんが、真冬だとスマホがじゅうぶんに充電されていても、寒さで外に出てすぐ電源ダウン&起動しないことがあるので、あらかじめバスの中で肌着に貼っておいた(←ここ重要、スマホにいきなり貼るとあたたまらないため)貼るタイプのカイロをスマホの裏側に貼り付けると、2時間ぐらい保ちます。
    (※北見市 厳寒の焼き肉祭り 外気温-10度での、いち検証結果)
    f:id:gishi_yama:20180217131320j:plain
    富良野。めっちゃ晴れてる。(同じ日です)

その他の地域・方法から

  • JR・バス等・自家用車等、最適な交通手段をご利用ください(なげやり
  • 自家用車の場合、片道400kmを超えるとドライバーが複数いた方が安全な気はします(サブドライバーが1日保険とか掛けるとモアベターです)。お住まいの地域から最適な運転体制・スケジュール・安全運転で行きましょう。

FuraITで過ごす

  1. FuraIT開催中の会議室に行きます
    f:id:gishi_yama:20180217131744j:plain
    やったーついたよー
  2. 熱い発表を聞いたり、熱く発表したりします
    f:id:gishi_yama:20181221111213j:plain
    FuraIT開始の儀。
  3. おやつを食べたり、おやつを配ったりします

初心者も熟練者も子ども(学生)も大人も混在で発表する、凄く良い雰囲気です。

ちなみにこのときは私はプログラミング教育のほうのセッションに参加しまして、地域のコミュニティをどう根付かせていくか、勉強会はどんな体制で進めていくか、上級生が下級生を教えることで下級生が上級生をロールモデルにする手法などを議論しました。充実のひととき。

FuraITが終わったら

だいたい富良野で懇親会がある(ですよね?>関係各位)ので、皆と一日を振り返りながら大人の参加者の後をついていって富良野まで戻ります。「社会人になったら呑もうぜ!」などの言葉とともに、名残惜しいですが学生さんとはここでお別れです。

FuraITの懇親会

  1. 食います
  2. 呑みます
  3. 食います
  4. 呑みます

以下無限ループ。写真を取り忘れるほど酔っていたようです。

ホルモン焼き肉おでんを食べにいってめちゃウマだったことは覚えてる!

FuraITの宿泊

  • 富良野駅前にホテルや民宿がありますので、事前に予約の上で宿泊します。雪質がいいからか、冬期は部屋がサクッと埋まってます。早め早めの予約がいい感じです。
  • スキー場下のペンション・ホテルも原理的には可能な気がしますが、富良野駅からは距離があるので、懇親会の後の移動手段がヤバいかなという雰囲気があります。

FuraITから帰る

二日酔いのぐったり具合にあわせて流動的に動きます。

  1. 駅の高架橋から大雪山系が見渡せるので、見に行ったり写真をとったりするといい感じです。
    f:id:gishi_yama:20181221111535j:plain
    右から十勝岳トムラウシ山大雪山(多分)。実際に見ると凄い迫力です。
    あとめっちゃ風が冷たい。
  2. 富良野 オムカレー 富良野 ランチ 富良野 名店 などでググって気に入った店に食べに行きます。(このときは @tomio2480 さんにオススメの所に連れて行ってもらいました!ありがとうございます!)
    f:id:gishi_yama:20181221111834j:plain
    黒いオムカレー。コクがあって美味。
  3. 観光します。夏であれば 富良野 ラベンダー 富良野 北の国から などで名所やアクセス方法が見つかります。冬であればウィンタースポーツもいいですね。
  4. おみやげを買ったりします。菓子司 新谷であえてチーズケーキを外して菓子詰め合わせとか買ったりすると楽しいです。うまい。
  5. 満喫した後は、来たときと同様の交通手段で札幌・空港・ご自宅に向かってください。

FuraITから帰ったら

報告するまでが勉強会という意気込みのもと、 ブログとか Facebookとか Twitterで報告し、それぞれの日常に戻ります。

おわりに

この記事では、あなたはどうすればFuraITに参加できるか、私の参加実例にフォーカスし、手段やノウハウを述べました。

ここまでお読みくださった皆さんは、
FuraITは 道内はもちろん、道外からでも1泊・2泊で気軽に参加できるコミュニティ・勉強会だという魅力
を十分ご理解いただけたのではないかと自負しています。

FuraITに限らず、普段は参加しない違う地域のコミュニティや勉強会に皆さんがどしどし足をのばしていただけるようになれば、そしてこの記事がそのきっかけや一助になれば素敵だなと思います。

ちょっと宣伝

Javaユーザグループ北海道・IoTLT札幌・ちとせプログラミング教室では、特に北海道の各地域とのゆるい連係を歓迎しています。JavaやIoTの勉強会を地元やってみたい、子ども達へのプログラミング体験会をやってみたいなどのご要望がありましたら、ぜひご連絡ください。

NightHacking Tour in Japan [Sapporo] を開催しました!

5月28日に、Java Doで表題のイベントを開催させてもらうことができました!

f:id:gishi_yama:20160528134801j:plain

f:id:gishi_yama:20160528150451j:plain

f:id:gishi_yama:20160528164600j:plain

オラクルのStephen Chinさん、新たなJava ChampionであるSebastian Daschnerさんの日本ツアーの最終日として、また日本のJava Championの櫻庭祐一さんを特別ゲストにお迎えする予定...だったのですが

羽田空港C滑走路を閉鎖 大韓航空機出火

が前日に発生し、桜庭さんのフライトがキャンセルになるトラブル X-(
当日の夕方にご到着という旅程に切り替わってしまいました。

そのため急遽、日本オラクルの伊藤敬さんにピンチヒッターをしていただけることになり、Java Day Tokyoのリフレクションを行っていただきました。札幌から東京に行って参加...というのもなかなか難しいので、現地組にとっても興味深い内容だったのではないでしょうか。

f:id:gishi_yama:20160528135800j:plain

Sebastianさんには、ハイパーメディアを意識したREST APIJAX-RSで作るテクニックについてご講演いただきました。開発しているとついついオレオレAPI仕様になってしまうことがありますが、ぜひこういったルールや規格を意識してAPIを設計・構築したいですね。

f:id:gishi_yama:20160528151655j:plain

Stephenさんには、ラズパイ+Java3DプリンターによるSNESコンソール(つまりゲーム機)作成の経緯と手法を、実機を交えてご講演いただきました。パフォーマンスを出すためになかなかきわどいチューニングなどもされていたようですが、同じモノを作りたい...!と思った方も多かったのではと思います。

f:id:gishi_yama:20160528163143j:plain

そして、なんとか間に合った桜庭さんに(休む間もご用意できず恐縮です)、Jigsawのご講演をいただきました。Javaのパッケージングの仕方やモジュール化の仕方が大きく変わりそうなJigsawですが、ぜひ使えるようになっておきたいですね。

f:id:gishi_yama:20160713204201j:plain

謝辞

まず、今回のイベント開催において、日本オラクル株式会社様、日本Javaユーザグループ様のご協力が不可欠でした。ありがとうございました。

今回はStephenさん、Sebastianさんの公演が英語だったため、スタッフの職場の方にボランティアで通訳のご協力もいただきました。おかげさまで、学生や英語が苦手な方も内容がしっかり把握できていたと思います。こちらもありがとうございました。

実は今回、いつも使っている会場がブッキングしており、開催は難しいか...と思っていたところ、ビットスター株式会社様がラウンジをかしていただけました。お酒片手にダーツを楽しめるような、バーの様な雰囲気がある会場で素敵でした。ありがとうございました。

最後に、遠い所札幌までお越しくださったスピーカーの皆さまに、参加して下さった皆さまに感謝申し上げます。

f:id:gishi_yama:20160528184239j:plain

(写真:aozaki-haruki)

おしらせ

次回のJava Doの勉強会は7月16日(土)に開催です。

Java Doでしょう #06

内容は、Sebastianさんの内容を受けて、JAX-RSを実際に触ってみようということで、JAX-RSハンズオンを行います。 いつも通り、初心者・学生の方も歓迎です。もし、職場で使っていらっしゃる方も、ぜひ知見をご共有いただけると助かります。

ぜひたくさんの方のご参加をお待ちしております。

JJUG CCC 2015 Fall(2015/11/28, 東京・新宿)

はじめに

新年早々、昨年の話題ですが。

日本Javaユーザグループ主催のJJUG CCC 2015 Fallに参加してきました。

JJUG CCCの参加は3回目ですが、Javaといっても様々な切り口の発表があって、かつ祭典の様な雰囲気もありつつ、非常に得るものが大きいなと毎回実感しているイベントです。

今回は学生2人も北海道から一緒に参加しました!そもそも勉強会などに積極的な2人なのですが、今回は、一緒に運営している北海道のJavaエンジニアコミュニティ Java Do の立ち上げを(いきなり懇親会の話ですが)LTで皆に知ってもらおう!という野望があったのです。

おかげさまで、次回以降のイベントに繋がる話もいくつかさせていただくことができたり、一緒に研究した卒業生達と一緒に働いている方がわかったり、「北海道にJUGできた」とツイートしていただけるようになったり、思った以上に実りの多い機会となりました。ありがとうございました。

もちろんCCC自体も非常に盛り上がり、勉強になるセッションが目白押しでした。

公開された資料などはこちら:http://www.java-users.jp/?page_id=2064

以下、聴講した(+α)のセッションで印象に残った点&メモ書きです。

続きを読む

ファームノートサミット 2015 Winter(12/02, 帯広)

はじめに

帯広で開かれたファームノートサミット2015 Winterに参加しました。

f:id:gishi_yama:20151202110109j:plain f:id:gishi_yama:20151202110134j:plain f:id:gishi_yama:20151202130510j:plain f:id:gishi_yama:20151202125744j:plain

帯広から世界へ・破壊的イノベーション」がキーワードの株式会社ファームノートさんが主催です。お話を伺うのは4度目ぐらいですが、毎回、北海道の中核産業である酪農にむけた熱い思いと、地域の酪農家(アンバサダー)の皆さんとの強いつながり、酪農×クラウド・酪農×IoTへのワクワク感を感じます。

エンジニアに限らず、酪農・農業業界からの注目も大きいのか、定員300名の予定に対して、申し込みが450名という大きなイベントとなっていたようです。帯広で、エンジニア企業主催で450名集めるイベントって、私が知る限り、あまり聞いたことがないと思います。

なかでも今回はAWS Cloud Roadshow 2015 札幌で新たなプロダクトの存在が予告されていたので、その話をとても楽しみに参加しました。

オープニング「Farmnoteの挑戦 〜What is Color ?〜」

早速、ファームノートの小林さんからのオープニングセッション。

ファームノートのスタンス、ファームノートのシステムやアプリが提供してきた既存機能の紹介からはじまりました。酪農現場を事業面からもマネージメントできるように、サービスのカバー範囲が広がっています。

「つい先日リリースしました」「これは昨日リリースしました」という新機能もいくつかあって、モダンな技術・開発手法を取り入れられていることの良い効果を感じました(正直うらやましい)。

ドイツの考える工場(インダストリー4.0)の概念を酪農や農業にどう転換するかといった観点で話が進み、酪農家・農家、ひいてはその中のアプリケーション内にばらばらに点在しているデータを全て取り込んで活用したい、という話をされていました。

そしてついにお披露目された新プロダクトは Farmnote Color。(写真はセッション後に展示されていたものです)

f:id:gishi_yama:20151202125749j:plain

巨大な腕時計のようなデザインですが、首輪として牛につけられるデザインになっているそうです。牛一頭一頭の生体的なデータを収集して、これを元に人工知能技術で個体差を学習させて、要注意な牛を全頭の最適管理ができるようにする仕組み。RFIDで、スマホを近づけるとその個体の情報も確認できるBeacon的な機能も搭載。

さらにサードパーティがアクセスできるようなゲートウェイ製品も構築予定とのこと。Farmnote Colorは2016年度の早い段階、ゲートウェイは2016年度中にリリース開始のとのことなので、動いている事例を是非見てみたいです。

酪農を極めてその次は農業、もう準備はできているという研究心もくすぐられる締めで、これからもファームノートさんの快進撃がありそうだなあと感じました。

以下、その後のセッションの詳細や感想などです。

続きを読む

PostgreSQLカンファレンス2015(11/27, 東京・品川)

東京に行き、PostgreSQLカンファレンス2015JJUG CCC 2015 Fallに参加してきました。 今年はちょうど連日開催の形になって、JavaPostgreSQLもメインで使っている自分としては嬉しい2日間です。

1日目はPostgreSQLカンファレンス2015。

PostgreSQLはもう10年以上使っているわりにはずっとエンドユーザ状態で、毎年コアな話には浅い理解しかできない部分もあるのですが、今年も有益な話が聞けました。

以下、特に興味があった部分のメモなど。

続きを読む

Javaの勉強会を開催しました:Java Do #02(10/04,札幌)

開催後、なかなかまとめる時間がとれず、もう2週間前のことの報告になります。

Java Do の第2回目の勉強会、Java Doでしょう #02 を開催しました。

f:id:gishi_yama:20151004134131j:plain

内容は、@john_smith さんによる「怖くない人工知能実装~wekaを使った機械学習入門~」、私による「60分で体験するLombok」の二本立てでした。

お越しいただいた皆さん、ありがとうございました。機械学習というテーマ設定からか、今回はスタッフを除く12名の参加者のうち、半数ぐらいが学生さんでした。道央圏外の大学から来てくださった学生さんもいらっしゃたようで、ありがたい限りです。

スタッフがちょっと忙しい時期に入るので、次回の企画は11月中旬からさらにもう少し後ろになるかもしれません。 ひきつづきぜひよろしくお願いします。

以下、感想とまとめです。

続きを読む