読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NightHacking Tour in Japan [Sapporo] を開催しました!

5月28日に、Java Doで表題のイベントを開催させてもらうことができました!

f:id:gishi_yama:20160528134801j:plain

f:id:gishi_yama:20160528150451j:plain

f:id:gishi_yama:20160528164600j:plain

オラクルのStephen Chinさん、新たなJava ChampionであるSebastian Daschnerさんの日本ツアーの最終日として、また日本のJava Championの櫻庭祐一さんを特別ゲストにお迎えする予定...だったのですが

羽田空港C滑走路を閉鎖 大韓航空機出火

が前日に発生し、桜庭さんのフライトがキャンセルになるトラブル X-(
当日の夕方にご到着という旅程に切り替わってしまいました。

そのため急遽、日本オラクルの伊藤敬さんにピンチヒッターをしていただけることになり、Java Day Tokyoのリフレクションを行っていただきました。札幌から東京に行って参加...というのもなかなか難しいので、現地組にとっても興味深い内容だったのではないでしょうか。

f:id:gishi_yama:20160528135800j:plain

Sebastianさんには、ハイパーメディアを意識したREST APIJAX-RSで作るテクニックについてご講演いただきました。開発しているとついついオレオレAPI仕様になってしまうことがありますが、ぜひこういったルールや規格を意識してAPIを設計・構築したいですね。

f:id:gishi_yama:20160528151655j:plain

Stephenさんには、ラズパイ+Java3DプリンターによるSNESコンソール(つまりゲーム機)作成の経緯と手法を、実機を交えてご講演いただきました。パフォーマンスを出すためになかなかきわどいチューニングなどもされていたようですが、同じモノを作りたい...!と思った方も多かったのではと思います。

f:id:gishi_yama:20160528163143j:plain

そして、なんとか間に合った桜庭さんに(休む間もご用意できず恐縮です)、Jigsawのご講演をいただきました。Javaのパッケージングの仕方やモジュール化の仕方が大きく変わりそうなJigsawですが、ぜひ使えるようになっておきたいですね。

f:id:gishi_yama:20160713204201j:plain

謝辞

まず、今回のイベント開催において、日本オラクル株式会社様、日本Javaユーザグループ様のご協力が不可欠でした。ありがとうございました。

今回はStephenさん、Sebastianさんの公演が英語だったため、スタッフの職場の方にボランティアで通訳のご協力もいただきました。おかげさまで、学生や英語が苦手な方も内容がしっかり把握できていたと思います。こちらもありがとうございました。

実は今回、いつも使っている会場がブッキングしており、開催は難しいか...と思っていたところ、ビットスター株式会社様がラウンジをかしていただけました。お酒片手にダーツを楽しめるような、バーの様な雰囲気がある会場で素敵でした。ありがとうございました。

最後に、遠い所札幌までお越しくださったスピーカーの皆さまに、参加して下さった皆さまに感謝申し上げます。

f:id:gishi_yama:20160528184239j:plain

(写真:aozaki-haruki)

おしらせ

次回のJava Doの勉強会は7月16日(土)に開催です。

Java Doでしょう #06

内容は、Sebastianさんの内容を受けて、JAX-RSを実際に触ってみようということで、JAX-RSハンズオンを行います。 いつも通り、初心者・学生の方も歓迎です。もし、職場で使っていらっしゃる方も、ぜひ知見をご共有いただけると助かります。

ぜひたくさんの方のご参加をお待ちしております。

JJUG CCC 2015 Fall(2015/11/28, 東京・新宿)

はじめに

新年早々、昨年の話題ですが。

日本Javaユーザグループ主催のJJUG CCC 2015 Fallに参加してきました。

JJUG CCCの参加は3回目ですが、Javaといっても様々な切り口の発表があって、かつ祭典の様な雰囲気もありつつ、非常に得るものが大きいなと毎回実感しているイベントです。

今回は学生2人も北海道から一緒に参加しました!そもそも勉強会などに積極的な2人なのですが、今回は、一緒に運営している北海道のJavaエンジニアコミュニティ Java Do の立ち上げを(いきなり懇親会の話ですが)LTで皆に知ってもらおう!という野望があったのです。

おかげさまで、次回以降のイベントに繋がる話もいくつかさせていただくことができたり、一緒に研究した卒業生達と一緒に働いている方がわかったり、「北海道にJUGできた」とツイートしていただけるようになったり、思った以上に実りの多い機会となりました。ありがとうございました。

もちろんCCC自体も非常に盛り上がり、勉強になるセッションが目白押しでした。

公開された資料などはこちら:http://www.java-users.jp/?page_id=2064

以下、聴講した(+α)のセッションで印象に残った点&メモ書きです。

続きを読む

ファームノートサミット 2015 Winter(12/02, 帯広)

はじめに

帯広で開かれたファームノートサミット2015 Winterに参加しました。

f:id:gishi_yama:20151202110109j:plain f:id:gishi_yama:20151202110134j:plain f:id:gishi_yama:20151202130510j:plain f:id:gishi_yama:20151202125744j:plain

帯広から世界へ・破壊的イノベーション」がキーワードの株式会社ファームノートさんが主催です。お話を伺うのは4度目ぐらいですが、毎回、北海道の中核産業である酪農にむけた熱い思いと、地域の酪農家(アンバサダー)の皆さんとの強いつながり、酪農×クラウド・酪農×IoTへのワクワク感を感じます。

エンジニアに限らず、酪農・農業業界からの注目も大きいのか、定員300名の予定に対して、申し込みが450名という大きなイベントとなっていたようです。帯広で、エンジニア企業主催で450名集めるイベントって、私が知る限り、あまり聞いたことがないと思います。

なかでも今回はAWS Cloud Roadshow 2015 札幌で新たなプロダクトの存在が予告されていたので、その話をとても楽しみに参加しました。

オープニング「Farmnoteの挑戦 〜What is Color ?〜」

早速、ファームノートの小林さんからのオープニングセッション。

ファームノートのスタンス、ファームノートのシステムやアプリが提供してきた既存機能の紹介からはじまりました。酪農現場を事業面からもマネージメントできるように、サービスのカバー範囲が広がっています。

「つい先日リリースしました」「これは昨日リリースしました」という新機能もいくつかあって、モダンな技術・開発手法を取り入れられていることの良い効果を感じました(正直うらやましい)。

ドイツの考える工場(インダストリー4.0)の概念を酪農や農業にどう転換するかといった観点で話が進み、酪農家・農家、ひいてはその中のアプリケーション内にばらばらに点在しているデータを全て取り込んで活用したい、という話をされていました。

そしてついにお披露目された新プロダクトは Farmnote Color。(写真はセッション後に展示されていたものです)

f:id:gishi_yama:20151202125749j:plain

巨大な腕時計のようなデザインですが、首輪として牛につけられるデザインになっているそうです。牛一頭一頭の生体的なデータを収集して、これを元に人工知能技術で個体差を学習させて、要注意な牛を全頭の最適管理ができるようにする仕組み。RFIDで、スマホを近づけるとその個体の情報も確認できるBeacon的な機能も搭載。

さらにサードパーティがアクセスできるようなゲートウェイ製品も構築予定とのこと。Farmnote Colorは2016年度の早い段階、ゲートウェイは2016年度中にリリース開始のとのことなので、動いている事例を是非見てみたいです。

酪農を極めてその次は農業、もう準備はできているという研究心もくすぐられる締めで、これからもファームノートさんの快進撃がありそうだなあと感じました。

以下、その後のセッションの詳細や感想などです。

続きを読む

PostgreSQLカンファレンス2015(11/27, 東京・品川)

東京に行き、PostgreSQLカンファレンス2015JJUG CCC 2015 Fallに参加してきました。 今年はちょうど連日開催の形になって、JavaPostgreSQLもメインで使っている自分としては嬉しい2日間です。

1日目はPostgreSQLカンファレンス2015。

PostgreSQLはもう10年以上使っているわりにはずっとエンドユーザ状態で、毎年コアな話には浅い理解しかできない部分もあるのですが、今年も有益な話が聞けました。

以下、特に興味があった部分のメモなど。

続きを読む

Javaの勉強会を開催しました:Java Do #02(10/04,札幌)

開催後、なかなかまとめる時間がとれず、もう2週間前のことの報告になります。

Java Do の第2回目の勉強会、Java Doでしょう #02 を開催しました。

f:id:gishi_yama:20151004134131j:plain

内容は、@john_smith さんによる「怖くない人工知能実装~wekaを使った機械学習入門~」、私による「60分で体験するLombok」の二本立てでした。

お越しいただいた皆さん、ありがとうございました。機械学習というテーマ設定からか、今回はスタッフを除く12名の参加者のうち、半数ぐらいが学生さんでした。道央圏外の大学から来てくださった学生さんもいらっしゃたようで、ありがたい限りです。

スタッフがちょっと忙しい時期に入るので、次回の企画は11月中旬からさらにもう少し後ろになるかもしれません。 ひきつづきぜひよろしくお願いします。

以下、感想とまとめです。

続きを読む

札幌でJavaのコミュニティを立ち上げました

突然ですが、札幌でJava DoというJavaのコミュニティを立ち上げました。

javado.connpass.com

8/23に第1回の勉強会を開催しまして、スタッフを除く9名の方々に参加していただきました。いくつか進行の不手際をお詫びするとともに、参加者、スタッフ、そして後押ししてくれた皆様に厚くお礼申し上げます。

これまでの札幌のJavaのコミュニティや勉強会を受け継いで、ゆくゆくは北海道のJUGをを目指し、Javaを主軸とした技術について話せる・聞ける・楽しめるようなコミュニティや勉強会にしてきたいと思います。

第2回の勉強会は10月上旬を計画しています。 ぜひ、よろしくお願いします。

以下、Java Doにおける個人的な隠れテーマ。

続きを読む

大学の研究室OBだけで勉強会をしてみた件

とつぶやいたら、大学で同じ研究室だった後輩が「研究室OBメンバーオンリーのドキドキ勉強会。幹事やりますよ!」とうれしいこと言ってくれたので、僕は誘われるままホイホイと上京しちゃったのだ。

なおクローズドな勉強会だったので、以下、記述できるのは概要だけになる部分もあります。

続きを読む