読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tuning Java SE for Throughput and Latency に参加しました

Tuning Java SE for Throughput and Latency に参加しました。

セミナーは、

Java Performance (Java Series)

Java Performance (Java Series)

を書かれた Charlie Hunt 氏のテキストに基づいて進められました。

要約は toggeterにもまとめられています ので、セミナーの中でチューニング心得として印象に残っている点をピックアップします。

JVMオプションは特性を把握して使う。

JVMのオプションをWeb検索すると、ここ10年弱の間に作られた日本語の記事もたくさん見つかるのですが、過去のJVMを前提に書かれたものや、必ずしも個々の運用環境にマッチするものではないので、鵜呑みしないように注意しましょうということ。

セミナーを受けた上で今まで参考にしたことがあるサイトを見返すと、確かに古いJVMや特定の環境を想定して書かれたままの情報もいくつかありました。例えば、MaxTenuringThresholdとか(OSやJVMのバージョンによって、設定できる値が異なる)、CMSIncrementalModeとか(server(マルチコア)環境には適していない)。

JREJVM)は最新版を使う。

講師の方も会場の反応も、「なかなか難しいよねえ」という反応が印象的でしたが、起動オプションによる挙動や初期値にもデバッグや改善があるので、マイナーバージョンアップであっても(可能なら)しっかりやっておきたい、ということ。

私の職場の環境は極力最新版にしていくルールなので幸せなんですが、そうではない現場も多いのですね。

GCのタイミングの変更も手段の一つとして考える。

CMS-GCを使っていてFullGCが避けられない時は、ヒープメモリ配分だけではなく、GCのタイミングが変更するのも手段の一つとして有効だよ、ということ。

マイナーGCが動作するメモリ利用率の閾値を設定できるオプションがある(例:CMSInitiatingOccupancyFraction)ので、たとえばyoung領域がめいっぱいになる前に早めにGCが走る様に設定するのも効果敵な場合がある。ただしメモリの効率的な利用とはトレードオフになるので、これも実際にチューニングしながら最適な所を見つけていく。

最終手段

ヒャッハッハッ メモリだぁ〜!

ということで、チューニングにも限界はあって、64bit環境にしてヒープ領域もシステム領域もたくさんメモリを確保することも考えましょうということ。

NPE

ぬるぽ